石崎家具株式会社
MENU
MENU
2017/11/18

「人が集える空間に」

石崎家具社長のブログ
3代目社長 石崎雄世
60

寒くなってきましたね。南砺の山々も上の方は雪化粧し、冬がもうそこまで迫っているようです。

プロ野球パリーグのベストナインに西武ライオンズの菊池雄星投手が選ばれました!名前(字は違いますが)が一緒なので応援してます。

今回は商品紹介で、エクステンション (伸長式) テーブルをご紹介します。近年、2世帯同居が減り、大家族の家が少なくなってきておりますが、両親と子供3~4人家族の家でもご要望の多いのが、伸長式テーブルです。福光本店では、これまでウィズダムスというテーブルが人気ですが、先月コレンテというテーブルも入荷しました。

ウィズダムスは、通常幅150センチで両サイドに35センチずつ広がるので、185センチ、220センチと伸長することができます。いつもは家族4人のサイズで、知人や親戚などが来訪された時に6~8人位まで対応できます。片方ずつ広げられるので、普段でもお鍋や焼き肉などで少し手狭と感じる時でも便利ですよね。両サイドに広がる伸長式はアンティーク家具にも見られますので、100年以上も前から人間はそういう機能性を生活に求めていたことがわかります。日本でも昔から伸長式の機能は根強く、ウィズダムスは構造もしっかりしているので、お客様の評判は大変いいです。


平常時の「ウィズダムス」ダイニングテーブル、幅150センチ。

 

 


伸ばした時の「ウィズダムス」幅220センチになります。

 

 

一方、先月入荷したコレンテの方は、全くデザインが違います。初めてこれを見た時はその斬新な発想に驚きました。幅159センチから280センチまで無段階に伸長できる機能は、世界中探してもこのテーブルだけではないかと思います。伸長式は天板の高さが揃うことが前提ですが、その常識を無視してデザインされているんです。伸ばした方の天板高さが8センチ低いので、違和感あるのでは?と思いましたが、特別な日にそうなることを想像して座ってみると、意外に大丈夫です。簡単に伸ばせて、みんなで集えるテーブル。発想はできてもよく形にできたなと感心します。構造はとてもよく考えてあり、組み立てやすいのも素晴らしい。デザイナーと職人たちが知恵を出し合って作り上げた逸品だと思います。お勧めのテーブルの一つです。

 

 


平常時の「コレンテ」ダイニングテーブル、幅159センチ。

 

 

手前の天板をスススーッと伸ばします。これで幅235センチ。

 

 

もっと伸ばして最大幅280センチ。この間はどこで止めてもOKです。

 

 

福光本店では「キムさんのフリーカッププレゼントキャンペーン」を今月30日まで開催しています。

 

人気の記事
2018/03/03
「3月ひな祭り」
2018/02/12
「日本の伝統・節句」
2018/02/08
「いよいよ平昌オリンピック」
2017/03/23
ブログ開始
2018/03/08
「社内研修」
最近の投稿
2018/05/20
「近所のなにわさん」
2018/05/12
「合同キャンペーン2018」
2018/05/06
「くるみの森開所式」
2018/05/01
「5月はARTREEから」
2018/04/28
「GW中のイベントなど」