石崎家具株式会社
MENU
MENU
2017/09/10

「木と親しんで70年」

石崎家具社長のブログ
3代目社長 石崎雄世
43

昨日は、陸上100メートル走で桐生祥秀選手が、日本人で初めて10秒の壁を破りました。4年前からずっと期待され、何度も悔しい思いをしての快挙に感動しました。背景には、多数のライバルの存在があったと思います。近年、リレーでのメダル獲得で、日本の陸上短距離界も本当に層が厚くなったと感じていましたが、桐生選手が壁を破ったことで選手みんなの益々のレベルアップを期待したいです。


今朝の読売新聞です。
さて、この度、弊社の歩みを表した本が発行されました。

タイトルは「木と親しんで70年」。

弊社の社史には間違いないのですが、著者は大崎まことさんという方。ですから本文は、いわゆる「わが社は・・・」で始まる表現にはなっていません。著者の語り言葉で石崎家具の歴史が語られています。創業者の祖父から現在3代目の私まで、変化していく時代の中で、その都度どのように決断し、会社を変えて今日に至ったのかが書かれています。

大崎まことさんは、全国各地の中小企業経営者を取材されており、その情報発信を目的に活動されており、いくつかの著書も出版されています。

昨年創業70周年を迎え、この機会に自社の成り立ちと今日までの歩みを一つの本にまとめ、自分の後の世代にもつないでいく事が大切だと思い、大崎まことさんの協力を得て、製作に取り掛かりました。客観的に見て、自社の歩みは本にする価値はあるのか不安もありましたが、大崎さんは我々の話に大変興味深く耳を傾けてくれました。

 

出版前の原稿チェックでは、私自分のことも書かれているので、大変恥ずかしい気持ちもありましたが、創業から昭和時代の話は、自社の事ながら面白いと感じました。

一口に70年と言っても、この家具業界も大きく転換してきました。私が入社してからの20年でも相当変わりましたので、現在の姿しか知らない若い社員のためにも、自社の原点と変遷を知ってもらういい機会になればと思います。

 

また私自身、社史制作を通じて、石崎家具が本当に地域の方や社員、取引先の方々のおかげで、ここまで歩んでこられたんだということを痛感しました。全ての方に感謝申し上げます。そして、これからも人とのつながりを大切にして、地域に貢献する企業であり続けるよう努力していきます。

 

アマゾンでも購入することは可能ですが、福光本店ではご希望の方に無料でお配りしていますので、気軽にスタッフに申し付けください。数量は限られますが、今のところ100冊くらいあります。


「木と親しんで70年」大崎まこと著 スモールサン出版。福光本店にてお渡しできます。

人気の記事
2018/03/03
「3月ひな祭り」
2018/02/12
「日本の伝統・節句」
2018/02/08
「いよいよ平昌オリンピック」
2017/03/23
ブログ開始
2018/03/08
「社内研修」
最近の投稿
2018/05/20
「近所のなにわさん」
2018/05/12
「合同キャンペーン2018」
2018/05/06
「くるみの森開所式」
2018/05/01
「5月はARTREEから」
2018/04/28
「GW中のイベントなど」