石崎家具株式会社
MENU
MENU
2018/04/19

「限定品ボールスツール」

石崎家具社長のブログ
3代目社長 石崎雄世
82

先日15日の日曜日は、福光の春祭りでした。

朝から雨が降っており、あいにくの天気でしたが、御神輿の巡幸、そして各町内の獅子舞や庵屋台の巡行が無事行われました。

 

福光で一番歴史があると言われる川原町の獅子舞。珍しい和傘の演舞。

 

庵屋台の巡行。雨のためシートが掛けられています。写真左から西町、東町、本町の屋台。

私も東町町内会の庵屋台の芸人の一人として参加させて頂きました。

私は篠笛担当ですが、今年は三味線、歌の芸人さんが少なく、交代要員のいない中での巡行でしたので、例年よりの大変でした。

毎年どの町内でも人出不足が叫ばれています。

来年以降も継続していくために、先を見た体制作りが必要になってきます。歴史と伝統のあるこの町の春季祭礼行事なので、地域の方々と知恵を出し、協力し合って継続していきたいですね。

 

さて、今日は「ボールスツール」をご紹介いたします。

これが「ボールスツール」です。

 

このスツールは、名前の通り座面が野球のボールの形状をしています。

脚は、バット材に使用されるタモ材で作られています。

実はこの商品は、スポーツ用品メーカーM社と岐阜のオークビレッジさんとの共同開発品でしたが、諸事情によりM社での販売が無くなり、在庫として残っていたものです。

上から見ると、まさに野球のボール。

 

裏面にはメーカーロゴの焼き印があります。クッション材にもこだわっていて、座面の下にエア抜き穴の加工も施されています。

 

脚部のタモ材はもともとバットになるために、加工された材でしたが、製造過程で節などの理由で不適格となった材。

それをオークビレッジさんで受け継ぎ、一つ一つ丁寧に再度加工され、愛嬌のあるスツールとして生かされました。

座面の革部分はグローブメーカーから支給されています。まさに野球のエッセンスがふんだんに盛り込んでこだわりの家具職人が作った逸品です。

在庫数は20脚。価格はメーカー希望小売価格の半額(税込12,000円)となっています。

ご興味ある方は、お早めにお問い合わせください。
石﨑家具福光店の隣の南砺バットミュージアムでも見ることができます。

人気の記事
2018/03/03
「3月ひな祭り」
2018/05/06
「くるみの森開所式」
2018/02/12
「日本の伝統・節句」
2017/03/23
ブログ開始
2018/02/08
「いよいよ平昌オリンピック」
最近の投稿
2018/08/14
「新入社員フォローアップ研修」
2018/08/10
「アートゥリーにて研修」
2018/07/24
「ARTREEのカタログ製作」
2018/07/19
「ソファについて」
2018/07/17
「ダイニングフェア開催中」